スタッフの声

やりがいや苦手なことへの克服法など、
一人ひとりの仕事に対する思いを
話してもらいました。

Fさん (男性・20代) 市川業務サポートセンター所属 / 入社2年目

もっと専門性を高めて、自分の可能性を広げてみたい!

今の職場は、倉庫が隣にあるので、出荷前の商品を誰よりも早く見ることができます。それが本当に楽しくて、面白いデザインの服を見たときは、「これはどんなお客様が着るのだろう」とか、かっこいいデザインの服に出会ったときは、「どういう組み合わせで着たらいいかな」などと、想像するだけで楽しくて、モチベーションが上がります。

私の担当は、一言で言うと、物流業務全般なのですが、入社時より、幅広い業務を任せてもらえるようになりました。しかも、「〇〇君、お願いね」と上司がつかない状態で業務を任せてもらえることも多くなってきて、「信頼されているんだな」と嬉しくなり、それも頑張るエネルギー源になります。

残念なのは、私はもっと仕事の全体像を見たいという気持ちが強いのですが、障害特性への配慮として、全体ではなく、部分的な仕事をHR自体の仕事としているので、全体像がわかれば、もっと効率的にできるのに、とはがゆくなります。私自身、全体像を見る事はそんなに得意ではありませんが、苦手な事も、経験を積めば、少しずつ克服できると思っています。

とにかくいろんなことをやってみたくて、資格の勉強もしています。将来は、HRに限らず、他のリーグ内でも働けるように、専門性を高めていきたいと思っています。自分の専門知識が不足していると感じているので、これからも勉強して、向上していきたいと思っています。